TeaBreak スタッフ通信

スイスフラン・ショック!!

2015年 1月18日 18:54

執筆者:ishizuki

 先週からスイスフランが急騰しています。このようなことは今までにありませんでした。スイスフランは世界中で一番安定した通貨で、為替変動を考慮した財産防衛には最適な通貨であると今まで聞いていきました。実際にスイスフラン運用をしている人はいないようなのですが、検討していた人は多いのではないかと思います。

 スイスフランが安定していた理由は、通貨変動で中央銀行が無制限の通貨介入をしていたからなのだそうです。アメリカドル並みの価値をずっと維持してきた。バブルの頃、スイス銀行の秘密口座に預け入れれば、日本の国税当局にはわからないだろうと、わざわざスイスまで行った人も少なくありませんでした。しかし、スイス銀行の預金の保管料の高さにに驚き、笑い話にしてして帰ってきた日本人の話をよく聞きました。そんな中でも、一部のとてつもないお金持ちは本当に預け入れたのかもしれません。

 しかしこれが崩れました。スイス銀行での秘密口座での預け入れをした真なるお金持ちに衝撃が走っているのではないのでしょうか。これからどんどん新聞報道されると思います。

 やはり、海外財産は為替リスクが大きいですね。これで、安全神話は完全に崩壊しました。全くの自己責任です。素人に毛の生えたような、銀行員や証券会社、信託会社などのセールストークに本当に注意しなければなりません。くれぐれもご注意をお願いいたします。

このページトップへ

2015年は小寒冷期突入?

2015年 1月10日 19:22

執筆者:ishizuki

 寒い毎日が続きます。太陽の黒点活動に異変が生じている話が言われています。11年周期で黒点数の増減が発生し、黒点数が増加していくときには景気も良くなっていて、太陽活動の11年周期と景気には関連性があると、特に30年くらい前、嶋中雄二(現東京三菱モルガンスタンレーの景気循環研究所長)が「太陽黒点活動と景気循環」のなかで唱えていました。

 しかし、今、太陽の黒点活動が異常をきたしています。活発な活動期と考えられる時期に黒点活動が活発化しないのです。11年周期が崩れてしまているのです。2015年の現在もまだ低調です。

 過去に同じように11年周期が崩れた時がありました。17世紀〜18世紀で、象徴的には、テムズ川が冬になると毎年凍結(小氷河期)するほど世界が寒冷化したようです。それだけでなく、寒冷化は、飢饉を招き、難民や戦乱、人心荒廃など暗い時代へとつながっていったのです。

 太陽の黒点活動の停滞と地球での寒冷化現象を、学問的に関連付ける研究は明確ではないようですが、フランスパリでのテロ事件のように、宗教対立やナショナリズムなど世界に不安要素が拡大してくる様相は、ついマイナスの判断につなげてしまいます。本当に寒冷化した日が続きます。年を取ったせいか一層の寒冷化に感じているのです。
 

このページトップへ

このページのトップへ
© Copyright 税理士法人 PierTax all rights reserved.